「ハンモックハイカーの皆様へ」

 

 

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

 

今日はハンモックご利用にあたり、改めてご使用の際の注意点をお知らせ致します。

 

すでにお持ちの方も、これからご購入の方も今一度ご確認ください。

 

幸い当店では事故も無く、皆さん快適なハンモックライフを送っておられますが、十分に注して頂きたいことがあります。

 

 

『ハンモックの強度について』

 

予期せぬこと(例えば設営時や撤収時の枝や地面での擦れなど)で、ハンモックがダメージを受けている場合がありますので、毎回ご使用前には必ず、素材のほつれ、および損耗などがないか点検を行ってください。

その確認は、本体の生地はもちろんですが、トグルとサスペンションラインを含みます。

製品は、生産時に点検を行っておりますが、製品をご購入をされてから初めてご使用される前も点検を行ってください。

そしてもし、異常が発見された場合は、ご使用を中止してください。

 

ハンモックに乗る前に生地の上に小石や小枝が乗っていないか必ずご確認ください。

 

ハンモックに載る際は、靴を脱いでください。

靴のついた異物が生地に損傷を与える可能性があります。

また、身に着けている衣類のジッパーなどの鋭いもの、またはポケットの中身など、ハンモックを傷つけるものがないか確認をお願いします。

パンツのジッパー、キーチェーンは避けてください。

 

ハンモックは野外で放置しないでください。

紫外線により生地がダメージを受けますので都度の収納をお勧めします。

 

複数での使用、ハンモック上でとび跳ねたり、強制的にハンモックを揺らさないでください。

特にお子様にはご注意ください。

 

破損の原因は異物によるもの、パンツのジッパー、小石や木の枝が原因だと考えられます。

 

 

『適度なテンション』
テンションのかけ過ぎで破れるということは考えにくいですが、念のためにお伝えします。

低い位置から本体をピンと張りすぎるのはあまり良くありません。

 

 

ツリーストラップの高さは170cmほどからが理想です。
その位置からハンモックに座って楽な姿勢になるくらいのたわみが理想です。

ここは寝心地の好みによって多少変わっても問題ありません。

 

 

当店で販売している軽量ハンモックの全てが130kg〜180kgほどの耐荷重があります。

 

生地の厚さが薄かろうと厚かろうとあまり変わらない耐荷重です。

 

薄い生地はその異物による最初のきっかけがいきやすいので特に注意が必要です。

 

では薄くて軽いハンモックは不安?

 

ただ、その異物にだけ注意すれば良く、何ら難しいことではありません。

 

だとしたら同じ耐荷重であれば軽量ハンモックほど魅力的なものはありません

 

確かに分厚い生地は、その最初のきっかけが出来にくいのは事実ですが、生地が厚くなれば重量も増します。

 

20Dの超軽量モデル、中間の40D、分厚い70D、どれを選ぶかはご自身の山行スタイルによってお選びください。

 

それでは何かご不安がございましたらご遠慮なくご質問ください。

 

それでは素晴らしきハンモックライフを!

 

 

 

コメント
コメントする